to feel to feelでは、草花を感じられるような自然の雰囲気を持つ新しいアクセサリーを追求し、制作・販売しております。水彩画を描くような色合いの花々はコットンやシルクを1枚づつ染めて制作しており、天然石やパールと組み合わせる事で、身に着けた方が優しい気持ちになれる女性らしいアクセサリーを取り揃えてお待ちしております。

布花の紫陽花制作風景。染めからコテも、ハンドメイドの作り方

今日は秋冬も人気な紫陽花の制作風景をご紹介します♪

 

秋冬用の紫陽花は何と言っても染めのカラーがポイント。

秋冬ファッションに馴染むよう、

トーンを落としたり、スモーキーなカラーに染めます。

 

逆に春夏用は、明るく淡く透明感を大切に染めていきます。

 

季節ごとにカラーも変わる紫陽花は

魅力たっぷりなんです。

 

どちらも大好きなんですが

今日は秋冬紫陽花の制作風景です♪

 

 

 

花びらを染色する

カッティングした花びらを染色していきます。

とっても大切で集中作業。

布花用の染色粉を混ぜ混ぜしながら、気に入った色に調整していきます。

一枚づつにじませながら色をスーッと入れていく感じです。

筆にたくさん色を含ませすぎると

ドバッと染まっちゃうので、その辺りが難しいです。

 

でも綺麗に染まると、やっぱり嬉しい♪

 

この後はしばらく乾かします。

 

 

花びらにコテを当てる

コテを当てると命が吹き込まれたような感じ。

 

どんどん花びらが生き生きしていくのです。

今回は筋コテを使って、少し花びらにニュアンスをつけています。

 

コテとは、布花用の道具で、アイロンのように高温になって

布に熱で立体的に形作れるものです。

 

小手先の種類がたくさんあるので、

作りたい形によって小手先を変えて制作します。

 

ものすごく熱くなるので、取り扱いは本当に注意が必要!

私は子供がいるときは絶対にやりません。

 

また、使った後もしばらく熱が冷めないので、

火傷に気をつけてくださいね。

 

 

組み合わせを決めていく

染色した花びらの色合いを見ながら

どの色とどの色を組み合わせるか決めていきます。

 

微妙な色合いなので、難しかったり、

でも楽しかったりな作業。

 

似たトーンでまとめると、綺麗です。

 

 

 

こんな感じにまとめることにしました。

大きなのはコサージュ用。

小さいのはピアスイヤリング用。

こんなふうに全てまとめて大きなブーケも。

 

いつか大物も制作してみようかな♪

草花を感じるハンドメイドアクセサリー|to feel

to feel

to feelでは、草花を感じられるような自然の雰囲気を持つ新しいアクセサリーを
追求し、制作・販売しております。水彩画を描くような色合いの花々はコットン
やシルクを1枚づつ染めて制作しており、天然石やパールと組み合わせる事で、
身に着けた方が優しい気持ちになれる女性らしいアクセサリーを取り揃えて
お待ちしております。

屋号 to feel
住所 東京都杉並区
営業時間 9:00~16:00
定休日 土日祝
代表者名 mina
E-mail info@tofeel.jp

コメントは受け付けていません。

特集